虫歯を放置した結果・・・

虫歯を放置してしまった場合、どんな末路が待っているのでしょうか。

なかには、虫歯があるのを知っていてもなかなか歯医者での治療に足が向かなかったり、金額や時間を考えるとこのままでもいいかと思ってしまったり。

でももし虫歯を放置してひどくなってしまったらどうなるのか考えてみましょう。

虫歯はどんどん歯が溶けている状態です。

最初はエナメル質の部分だけだったのが、だんだん中の象牙質に届き、もっとおくの神経に届いていきます。

初期段階のエナメル質の部分だけであれば、そこを削ってかぶせモノをしたり割と簡単な治療で済みます。

ブリアン 大人

これが象牙質まで届くともっと削る量も多くなり、詰め物やかぶせモノの質も変えないといけないので、金額もグッと上がり、治療回数や期間も当然ですが伸びます。

もし神経まで虫歯が届いている場合は、詰め物だけではとても治療できないので、「根管治療」といってかなり大がかりな治療になります。ひどい場合はもう抜歯です。歯がなくなります。

歯がなくなってしまった場合は、ブリッジ治療や、よく聞く入歯やインプラントになります。

ブリッジ治療などは、保険の適用になりますがそれでも2万円前後かかります。

インプラントは保険適用ではないので、30万40万は平気でかかるでしょう。

かみ合わせなどが変化すると、それが頭痛や首コリや肩こりの原因にもなるので注意が必要です。

歯は、人間にとって一番大切な「栄養補給」の一番大切な部分になりますので、もちろん虫歯は早期に治療するかそれ以上の進行を阻止する必要があります。

治療後は、二度と虫歯にならないための対策が絶対に必要になるので、ブリアン大人用などの歯磨きツールがそこであなたの助けになるでしょう。





ブリアン 大人