虫歯の原因とブリアンの関係

ブリアン大人用を使ったブラッシングを続けることで、虫歯の予防にも当然なりますが、そもそも虫歯の原因ってなんなのでしょうか?

ちゃんと毎日歯磨きしているのにも関わらず虫歯になるというのは納得できません。虫歯の原因とブリアン大人用がそれにどう作用してくるのか調べてみました。


「歯磨きの回数と虫歯のでき方に関係はない!?」

そもそも虫歯というのは、虫歯菌が私たちが口に入れたものの糖などを酸に変えて歯を溶かすことによって出来ます。歯が溶ける状態が長期間続くことによって虫歯が完成するのですが、本来は唾液によって虫歯菌が出した酸を中和するので虫歯にはなりません。

なんらかの原因で唾液が歯を守れなくなると、酸が中和されなくなるので虫歯になるのです。再石灰化というやつですね。

ブリアン 大人

虫歯の原因@
ちゃんと歯垢がとれてない

頑張って歯磨きをしたとしても、市販の歯磨き粉でやる一般的な数値としてはおよそ6割くらいしか歯垢はとれていません。だから歯間ブラシを使ったり糸ようじを使ったりして歯ブラシだけではとれない歯垢も落とす必要があるのです。

ブリアンはそんな面倒くさい工程を踏まなくてもいいように歯垢除去力を高めているから虫歯予防として使われるのです。


虫歯の原因A
食事の回数が多い

食事をするということは歯垢が当然つきます。虫歯菌はそれをもとに酸を作り出すわけですから、食事の回数が多ければ多いほど酸化する回数も多く、虫歯のリスクは当然たかまります。


虫歯の原因B
甘いものばかり食べている

これもBと似ていますが、甘いものや糖分は酸を作りやすいので虫歯菌が好みます。なんとなくイメージで甘いもの=虫歯というのがありますが、あながち間違っていなかったのですね。


虫歯の原因C
うがいをしすぎる

歯磨きのあとにうがいをしすぎて、歯磨き粉に含まれる有効成分を全部吐き出してしまっている可能性もあります。歯を守る成分が常にない状態なので、歯そのものが弱ります。でも歯磨き粉の味が残るのも嫌ですよね。ブリアンがうがいをしなくても良いというのは嬉しいポイントです。


虫歯の原因D
虫歯菌がそもそも多い

どんなに気を付けていても、そもそも口の中に存在するミュータンス菌などの虫歯菌が多いと発生確率も上がります。ブリアンの一番のポイントはこの虫歯菌をいられないような口内環境にすることなので、根本部分が解決できそうですね。


以上が代表的な虫歯の原因です。

こう見ると、ブリアンがいかに虫歯の原因に対してしっかり対策できるように作られているかがわかります。

確かに市販の歯磨き粉を使った方が値段は安いですが、良いものを作るのにはそれなりのコストがかかりますから、安いものを使いたいのか、効果があるものを使いたいのか、あなたはどちらですか?

もし後者なら、ブリアン一択です!


ブリアン 大人用


ブリアン 大人