親知らずの虫歯処置

親知らずが虫歯になるってよく聞きますよね。親知らずが虫歯になったら必ず抜歯しないといけないのか、はたまた抜かずに普通に治療することができるのか。親知らずの虫歯予防方法についていろいろと書いていきます。

親知らずは虫歯になりやすい

もうこれは間違いありません。ほかの歯とくらべても生え方が変だったり、隣の歯と重なってしまっていたりして上手くブラッシングできない歯です。

それだけじゃなく、そもそも口の一番奥に位置しているから親知らずってちゃんと歯磨きできてないんですよね。だから歯垢も残りやすいし、虫歯菌も活動しやすいんです。

だから日ごろから親知らずのところも念入りにブラッシングをすることが大切です。歯間ブラシなどもしにくいので、ブリアンのように歯磨き粉やブラシにこだわるしかありません。

ブリアン 大人

もし虫歯になってしまっていたら、歯医者では虫歯の治療はせずに抜歯してしまうこともあるそうです。

親知らずの生え方が横を向いていたり、一部分だけしか親知らずが見えていない場合や、虫歯の再発の可能性が極めて高い場合はもういっそのこと抜いてしまった方が良いというケースがあるようです。

でも生え方がそんなに特殊じゃなかったり、隣の歯などほかの歯に影響を与えることがない場合はそのまま治療をしてくケースもあります。

どちらにせよ、生えている位置の関係上治療も大変であれば、良い状態の維持も大変な場所なので注意が必要ですね。

もう親知らずが虫歯になったのなら抜歯してしまった方がその後を考えると良いような気もします。

どうしても抜歯が嫌だという場合は、絶対に虫歯にならないように全力のケアが必要です。

親知らずの虫歯予防のためにも、ブリアン大人用を使用したブラッシングを取り入れてみては?





ブリアン 大人